2017年06月 ≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫ 2017年08月
スポンサーリンク

積極的にCM視聴 トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

積極的にCM視聴 トップページ >> 海外 >> クライスラーの「歴史絵巻」CM、その意図は?

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ :
スポンサーリンク
クライスラーの「歴史絵巻」CM、その意図は?:レスポンス
http://response.jp/article/2010/01/10/134592.html

クライスラーは新年から「Coming home」と題した1分間の企業キャンペーンCMを放映開始した。冒頭のシーンは1930年代と思われる米国。 トラベルバッグを提げた紳士が登場し、1934年に画期的な流線型を採り入れて話題となった『エアフロー』に乗って郊外へと出発する。 ...



クライスラーは何か勘違いしているのかもしれない。

1960年代から1970年代だったらこのCMもいけたかもしれない。

昔、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という映画があった、1985年の映画だ。
主人公はタイムマシンを使って1955年に戻る。
この時代のアメリカの家庭の描写が、父親の力が強かった日本の1980年あたりとたぶんそっくりだろう。
この映画の中では、「日本製品は最高」なんていう台詞がある。

アメリカでは1979年に「クレイマークレイマー」が公開され、離婚問題が大きくなっていっているのがわかる。
日本は20年から25年遅れてアメリカを追いかけているようだ。

アメリカでは過剰に排利主義と個人主義が進んでいて、全体のために辛抱するという気質はとうに失われてしまっている。

クライスラーのCMが「私たちは、どんな苦労をしてでももう一度世界一を獲る」というのであればよかったかもしれないが、「アメリカ、アメリカ」を前面に出しても一部の人たち以外の心を動かせないかもしれないような気がする。



スポンサーリンク
















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://netoureseach.blog92.fc2.com/tb.php/16-c04a438c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックを頂いた記事内で、該当記事へのリンクの無いものは受けつけませんので、よろしくお願いいたします。
RSS拾って紹介しました的なコメントやトラックバックも削除しますのでよろしく(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。